FC2ブログ
2019_01
31
(Thu)03:38

南禅寺水路閣

南禅寺水路閣
 京都府京都市左京区南禅寺福地町に南禅寺があります。
 ここには「京都迷宮案内」などにも登場した「水路閣」があります。水路閣は、琵琶湖疎水事業の一環として、施工された水路橋で、延長93.17m、幅4.06m、水路幅2.42m、煉瓦造、アーチ構造の優れたデザインを持ち、京都を代表する景観の一つとなっています。
 京都府知事北垣国道の発意により、田辺朔郎工学博士を工事担当者として、明治18年(1885)起工され、同23年(1890)に竣工しました。西欧技術が導入されて間もない当時、日本人のみの手で設計、施工されたもので、土木技術史上、極めて貴重なものです。昭和58年(1983)京都市の史跡に指定されました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
スポンサーサイト



2019_01
30
(Wed)03:54

南禅寺法堂

南禅寺法堂
 京都府京都市左京区南禅寺福地町に南禅寺があります。
  南禅寺の法堂は三門の奧にあります。法式行事や公式の法要が行われる場所で、南禅寺の中心となる建物です。応仁、文明に焼失、慶長11年(1606)に豊臣秀頼の寄進により大改築されましたが、明治26年(1893)の火災により焼失しました。現在の法堂は明治42年(1909)に再建された建物です。平成2年(1990)、開山大明国師700年大遠忌記念行事で、屋根茸替え、敷瓦取替工事を実施しています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
29
(Tue)02:49

南禅寺方丈

南禅寺方丈
 京都府京都市左京区南禅寺福地町に南禅寺があります。
 南禅寺の方丈は大方丈とその背後に接続している小方丈があります。昭和28年(1953)にそれぞれ国宝に指定されています。大方丈は天正年間(1573-1592)に豊臣秀吉が献上した御所の清涼殿を、慶長年間の御所新築計画に伴って下賜を受け移築した建物で、小方丈は伏見城の書院を移築したものといわれています。
 大方丈は入母屋造り、単層、こけら葺きの建物です。中央北に内陣、その南に御昼の間、東に鳴滝の間と麝香(じゃこう)の間、西に鶴の間と西の間があります。南側前面板張りの広縁があり、東側に柳の間、西側に狭屋(さや)の間があります。御昼の間は清涼殿時代に昼の御座であった御帳の間の別称を残していて、広縁の欄間彫刻、天井、板扉の形式とともに近世宮室建築の姿を伝えています。
 大方丈の背後に接続した小方丈は寛永年間(1624-1644)に建てられた建物です。虎の間、3室(9畳、6畳、20畳)、広縁があり、屋根は切妻造り、こけら葺きです。襖絵の「水呑の虎」は狩野探幽の傑作といわれています。
 南禅寺方丈は昭和28年(1953)に国宝に指定されています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
28
(Mon)03:50

南禅寺勅使門

南禅寺勅使門
 京都府京都市左京区南禅寺福地町に南禅寺があります。
 南禅寺の勅使門は、寛永18年(1641)、明正天皇より、御所にあった「日の御門」を拝領したものです。古くは天皇や勅使の来山の折に限って開かれました。現代では住持の晋山に限って開かれています。この勅使門は桃山時代の慶長年間(1596-1614)に建立された切妻造り、檜皮葺きの四脚門です。昭和31年(1956)に国の重要文化財に指定されています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
27
(Sun)21:06

南禅寺中門

南禅寺中門
 南禅寺道の突き当たりにある門が南禅寺の中門です。門札に「大本山南禅寺」の立派な文字が書かれています。勅使門の南にある中門は、慶長6年(1601)、松井康之より、伏見城松井邸の門を勅使門として寄進されたものです。「日の御門」の拝領に伴い現地に移建され、幕末までは脇門と呼ばれていました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
26
(Sat)02:28

南禅寺三門

南禅寺三門
 京都府京都市左京区南禅寺福地町に南禅寺があります。
 南禅寺の三門は知恩院三門、東本願寺大師堂門とともに日本三大門の一つとされています。仏道修行の悟りを示す「空門」「無相門」「無作門」の3つの門を表して三門と呼ばれています。現在のものは寛永5年(1628)、藤堂高虎が大阪夏の陣で戦死した藩士の霊を弔うため寄進し再建したものです。
 南禅寺の三門は5間3戸2階建て、入母屋造り、本瓦葺きの2重門です。両側に間口3間、奥行2間、単層、切妻造り、本瓦葺きの山廊が置かれています。三門は高さが22mもあり、禅寺特有の重厚な造りと太い柱が威容を誇っています。三門は天下竜門とも呼ばれ、上層の楼は五鳳楼とも呼ばれています。
  この三門は明治32年(1899)に国の重要文化財に指定されています。
 元治元年(1864)、新選組は肥後の宮部鼎蔵の下僕・忠蔵をこの付近で捕縛しました。尋問に一切答えなかった忠蔵は、三門の楼上に晒しものにされたそうです。
 日本史上屈指の義賊「石川五右衛門」が連想されます。元禄時代の歌舞伎の台本の中で、戯作者が山門に五右衛門を登楼させ「絶景かな絶景かな」の名せりふをはかせたことで有名になりました。ただ五右衛門は三門の再建される30年も前に磔になっているそうです。三門の向こうの山の緑がとても美しい場所です。生い茂る松、背後に続く山々。自然の偉大さが垣間見えます。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
25
(Fri)04:58

南禅寺境内

南禅寺境内
 京都府京都市左京区南禅寺福地町に南禅寺があります。
 南禅寺の境内は平成17年(2005)に国の史跡に指定されました。三門、勅使門は国の重要文化財に指定され、方丈庭園は国の名勝に指定されています。また順正南禅寺本店(順正書院)書院、石門は国登録有形文化財です。国重要文化財の南禅寺一切経、南禅寺仏殿指図(三図)などの寺宝も所蔵されています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
24
(Thu)02:15

南禅寺

南禅寺
 京都府京都市左京区南禅寺福地町に南禅寺があります。
 南禅寺は臨済宗南禅寺派の大本山で、正式には瑞龍山太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)という長い寺名です。この場所は三井寺の「駒の僧正」とよばれた道智の最勝光院があったとされる所です。亀山天皇がここを離宮としましたが道智の怨霊が日夜出没したそうです。
 祈祷師などにお払いをしてもらっても効き目がなく、東福寺3世の無関普門(むかんふもん)(大明国師)を招いたところ、霊が出なくなったそうです。亀山天皇は無関に深く帰依し、正応4年(1291)に離宮を禅寺に改め禅林禅寺とし、無関を開山として招きました。
 亀山法皇は建長元年(1249)、後嵯峨上皇の皇子として生まれ、10歳で皇位に就かれ、上皇の時には蒙古来襲という国難に対処しています。無関の跡を継いだ規庵祖円(きあんそえん)(南院国師)は仏殿、七堂伽藍を完成し、正安年間(1299-1302)に太平興国南禅禅寺と寺名を改めました。
 3世の一山一寧(妙慈弘済大師)は元弘の後に元朝より平和交渉の使僧として来日した人です。北条貞時によりスパイ容疑で修善寺に幽閉されましたが、のちに建長寺の10世となり、後宇多天皇の懇願で南禅寺3世になりました。南禅寺は至徳3年(1386)に五山(天龍寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺)の上のお寺とされました。
 南禅寺はその後も著名の禅僧が歴代住持として住山して五山文学の中心地として栄えました。明徳4年(1393)、文安4年(1447)に火災に遭い、伽藍が焼失し、再建後の応仁元年(1467)、応仁の乱で灰燼に帰しました。266世の玄甫霊三の時に法堂が完成し秀吉より800石を賜りました。
 270世で、金地院3世の以心崇伝(いしんすうでん)は徳川家康の信任を得て、幕府の外交事務の担当し、黒衣の宰相ともいわれました。 元和5年(1619)には相国寺にかわり「天下僧録司」に任ぜられました。慶長10年(1605)に崇伝が入寺してから諸堂が整備され、繁栄しました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
23
(Wed)05:06

京都市美術館

京都市美術館
 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町に京都市美術館があります。
 京都市美術館は岡崎公園の中に建てられています。昭和3年(1928)秋、天皇の即位式が京都で行われたのを記念し、5年後の昭和8年(1933)11月に「大礼記念京都美術館」として開館しました。以来京都の中心的な美術拠点の1つとして広く親しまれています。
 建物は公募によって選ばれた東京の建築家の前田健二郎の設計です。総工費は当時の金額で107万円かかったそうです。建設には、京都の美術関係者だけでなく、京都市民や広く関西の財界からも多額の寄付が寄せられたそうです。
 敗戦後、駐留軍により接収されました。昭和27年(1952)、接収が解除され、京都市美術館に改称されました。明治以降の京都を中心とした日本画、洋画、彫刻、工芸、書、版画など3千点以上を収蔵、展示しています。平成12年(2000)に京都市公会堂東館だった建物を別館としています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
22
(Tue)04:17

旧武徳殿

旧武徳殿
 京都府京都市左京区聖護院円頓美町に旧武徳殿があります。
 旧武徳殿は明治32年(1899)、京都ハリストス正教会聖堂(京都市指定文化財)や京都府庁舎旧本館(国重文)などを手がけた松室重光らによって建立されました。大正2年(1913)には玉座と車寄が亀岡末吉によって増改築されています。
 木造、単層、裳階(もこし)付きの切妻造り、桟瓦葺きで、車寄が付けられています。建築面積は1051.57平方mもあります。伝統的和風建築をベースにしながらも明治以後の洋風建築の影響を受けた「近代和風建築」です。平成8年(1996)に「旧武徳殿」の名称で国の重要文化財に指定されました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
21
(Mon)04:53

旧武徳殿

旧武徳殿
 京都府京都市左京区聖護院円頓美町に旧武徳殿があります。
 平安神宮の西北に京都市武道センターがあります。その中に旧武徳殿が建てられています。桓武天皇が武技を奨励し、御所の西北に武徳殿を造った故事にならい、平安遷都1100年記念事業の一環として、平安神宮造営と同じく武徳殿を建設しようと大日本武徳会が中心になり働きかけました。
 そして明治32年(1899)、全国から有志の浄財を集め、平安宮の大極殿を模した武徳殿を完成させました。その後、武術教員養成所が開設され、武道専門学校が併設されると、数多くの武道家や教育者を輩出し、日本武道の中核を担いました。
 「東の講道館、西の武徳殿」と評される日本の武道の中心的存在となっていましたが、昭和21年(1946)、敗戦により進駐軍に接収され、武道禁止と大日本武徳会の解散が命じられました。その後、京都市警察学校、京都市立芸術大学を経て、京都市武道センターの施設となっています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
20
(Sun)03:44

平安神宮應天門

平安神宮應天門
 京都府京都市左京区岡崎西天王町に平安神宮があります。
 平安神宮の應天門(おうてんもん)は明治28年(1895)の創建時の建物です。木造、入母屋造り、碧瓦本瓦葺きの2階二重の楼門です。建築面積は132.20平方mあります。門の上方には「弘法も筆のあやまり」のもとになった「應天門」と書かれた額が掛けられています。平成22年(2010)に国の重要文化財に指定されました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
19
(Sat)02:51

平安神宮白虎楼

平安神宮白虎楼
 京都府京都市左京区岡崎西天王町に平安神宮があります。
 平安神宮の白虎楼(びゃっころう)は蒼龍楼とともに平安の朝堂院の様式を模したもので、明治28年(1895)の創建時の建物です。蒼龍楼と同様、木造2階建て、碧瓦本瓦葺きで、屋根は四方流れ、二重五練の入母屋造り、下層に4つの小楼が付いています。建築面積は96.98平方mです。平成22年(2010)に国の重要文化財に指定されました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
18
(Fri)04:15

平安神宮蒼龍楼

平安神宮蒼龍楼
 京都府京都市左京区岡崎西天王町に平安神宮があります。
  平安神宮の蒼龍楼(そうりゅうろう)は白虎楼とともに平安の朝堂院の様式を模したもので、明治28年(1895)の創建時の建物です。本来は玄武、朱雀をあわせて京都の東西南北4方を守護します。木造2階建て、碧(みどり)瓦本瓦葺きで、屋根は四方流れ、二重五練の入母屋造り、下層に4つの小楼が付いています。建築面積は96.98平方mです。平成22年(2010)に国の重要文化財に指定されました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
17
(Thu)03:27

平安神宮西歩廊

平安神宮西歩廊
 京都府京都市左京区岡崎西天王町に平安神宮があります。
 平安神宮の西歩廊は大極殿と白虎楼に接続している歩廊で明治28年(1895)に造られています。 東歩廊と同じく、木造、切妻造り、碧(みどり)瓦本瓦葺きで、建築面積201.76平方mあります。平成22年(2010)に国の重要文化財に指定されました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
16
(Wed)05:33

平安神宮東歩廊

平安神宮東歩廊
 京都府京都市左京区岡崎西天王町に平安神宮があります。
 平安神宮の東歩廊は大極殿と蒼龍楼に接続している歩廊で、明治28年(1895)に造られています。 木造、切妻造り、碧(みどり)瓦本瓦葺きで、建築面積201.76平方mあります。天井からは灯籠がぶら下げられています。平成22年(2010)に国の重要文化財に指定されました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
15
(Tue)04:58

左近の桜

左近の桜
 京都府京都市左京区岡崎西天王町に平安神宮があります。
 平安時代より、紫宸殿の南階下の東方に植えられ、儀式の時、左近衛府の官人がその側に詰めたことから「左近の桜」と名付けられました。桜はもとは梅の木で、延暦13年(794)の平安遷都のとき植えられました。天徳4年(960)の火事の時に焼失し、内裏再建の時に、梅に代えて重明親王の家の桜を植えたといわれています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/

2019_01
14
(Mon)05:04

右近の橘

右近の橘
 京都府京都市左京区岡崎西天王町に平安神宮があります。
 平安時代以降、紫宸殿の南階下の西方に植えられた橘のことを「右近の橘」といい「左近の桜」と併称されています。儀式の時、右近衛府の官人がその側に列したことから名付けられました。橘は当時は菓子として珍重されたようです。平安遷都以前、その場所に住んでいた橘大夫という人の家にあったものともいわれています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
13
(Sun)01:06

平安神宮大極殿

平安神宮大極殿

 京都府京都市左京区岡崎西天王町に平安神宮があります。
 平安神宮の大極殿は應天門の真北、本殿の南側にあります。創建された明治28年(1895)に平安京の大内裏朝堂院の正殿大極殿を模して建てられました。木造、単層、寝殿造り、入母屋造り、碧(みどり)瓦本瓦葺きで、建築面積は403.96平方mです。棟の両端には金色の鴟尾(しび)を置いています。
 大極殿は間口33.3m、奥行12m、高さ16.7mという大きな建物です。これでも実際の8分の5の大きさだということです。前庭左右に「左近の桜」「右近の橘」が配置され、さらには龍尾檀(りゅうびだん)という勾欄が設けられ上下に仕切られています。大極殿は平成22年( 2010)に国の重要文化財に指定されました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
12
(Sat)04:25

平安神宮

平安神宮

 京都府京都市左京区岡崎西天王町に平安神宮があります。
 明治28年(1895)に平安遷都1100年記念祭が開催されました。ここで平安京大内裏の正庁である朝堂院(ちょうどういん)が実際の8分の5の規模で再現されました。建築中に背後に桓武天皇を祀る本殿を建立、記念殿を神社とすることが決定し、平安神宮が誕生しました。
 その時に造られたのは大極殿、應天門、蒼龍楼、歩廊、龍尾壇などです。設計監督は築地本願寺を手がけた伊東忠太と木子清敬、工事は清水組が請け負いました。その後、昭和15年(1940)に孝明天皇を合祀することになり、本殿、祝詞殿、内拝殿、翼舎、神楽殿、社務所などが増改築されました。
 桓武天皇は陰陽道にもとづいた四神相応の信仰を重んじたそうです。北は玄武、東は蒼龍、西は白虎、南は朱雀の四神に守られています。平安神宮は京都全市の総社であり、市の祖神として崇敬されています。
 境内は約7万平方mに及び、京都一の大鳥居は高さが24.2mあり、国の登録有形文化財に登録されています。大極殿、蒼龍楼、白虎楼、應天門などは国の重要文化財に指定され、社殿を囲む約3万平方mの神苑は国の名勝に指定されています。
 社殿の柱はあざやかな朱に塗られ、宮廷風の雅やかさを感じさせます。毎年6月1日、2日は薪能が行われ、10月22日には時代祭が開催されます。勤王鼓笛隊を先頭に2千名もの大行列が、御所から平安神宮まで練り歩きます。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
11
(Fri)04:22

妙伝寺

妙伝寺

 京都府京都市左京区北門前町に妙伝寺があります。
 法鏡山妙伝寺は京都日蓮宗8本山の1つです。日蓮宗本山の身延山12世・日意(にちい)上人が身延山参拝を不便として、身延より宗祖日蓮の骨舎利と七面大明神を勧請し、室町時代の文明9年(1477)に創建しました。そのため「西身延」「関西の身延山」と呼ばれています。
 妙伝寺は京都の上京区一条尻切屋町に豪商薬屋・妙善(桑名家)の帰依を受けて建立されました。その後、四条西洞院に移り、日蓮宗21ヶ本山の一つとして栄えました。しかし天文5年(1536)の天文法華の乱で灰燼に帰し、堺に逃れました。
 帰洛後、永禄元年(1558)下京区西洞院綾小路(現・妙伝寺町)に再興しましたが、天正19年(1591)、豊臣秀吉の命により寺町二条に移転させられました。宝永5年(1708)の大火で焼失し、現在の地に移転し、再建されました。
 広い境内には本堂、客殿、庫裏などが建てられています。本堂は間口5間、奥行5間、単層、入母屋造り、本瓦葺きで江戸時代の宝暦14年(1764)に再建されています。墓地には七卿落ちの澤宣嘉・四条隆謌の墓や一条家、四条家の墓、片岡仁左衛門の墓などがあります。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
10
(Thu)05:01

京都大学

京都大学

 京都府京都市左京区吉田本町に京都大学があります。
 京都大学は明治30年(1897)、東京に次ぐ第2の帝国大学として創建されました。現在の吉田キャンパスは幕末期には尾張藩の京都下屋敷でした。文久元年(1861)、長崎に長崎養生所が設立され、長崎精得館となりました。この理化学部門が理化学校の舎密局(せいみきょく)として大阪に明治2年(1869)に開校しました。
 その後、開成所となり、大阪英語学校、大阪専門学校、大阪中学校、大学分校と名が変わりました。明治19年(1886)、第三高等中学校となり、明治22年(1889)に京都市吉田町の現在地に移転しました。その後、京都帝国大学が設立され、明治30年(1897)に校地・施設が譲られました。
 大正8年(1919)の帝国大学令改正により分科大学になっていたのを学部と改称し、理学部、工学部、法学部、医学部、文学部になり、経済学部、農学部が増設されました。昭和22年(1947)、京都大学と改められました。校内から湯川秀樹、朝永振一郎、福井謙一、利根川進、野依良治などノーベル賞受賞学者を輩出しています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
09
(Wed)16:18

神鹿像

神鹿像
 京都府京都市左京区吉田神楽岡町に吉田神社があります。
 吉田神社のさざれ石の横には「神鹿」の像があります。神鹿(しんろく)とは、神の使いとして、神社で飼っておく鹿のことで奈良の春日大社と関係があるようです。吉田神社は藤原氏の氏神「春日神」を春日大社から勧請している深い関係があります。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
08
(Tue)03:06

さざれ石

さざれ石
 京都府京都市左京区吉田神楽岡町に吉田神社があります。
 吉田神社の「若宮社」に登る階段の横には、「さざれ石」があります。石灰石が溶けて周りにあった石を凝結して大きくなったもので、繁栄を象徴する石なのです。この石は岐阜県春日村の山中にあったもので、岐阜県の天然記念物に指定されているそうです。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
07
(Mon)04:01

吉田神社末社天満宮社

吉田神社末社天満宮社
 京都府京都市左京区吉田神楽岡町に吉田神社があります。
 吉田神社の末社・天満宮社は地福院にあったものを、嘉永5年(1852)現在地に遷座されています。明治5年(1872)、竹中稲荷神社とともに、吉田神社の末社に加えられています。隠れた桜の名所となっています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
06
(Sun)02:32

吉田神社末社稲荷社

吉田神社末社稲荷社
 京都府京都市左京区吉田神楽岡町に吉田神社があります。
 吉田神社の末社である末社・稲荷社は明治5年(1872)に吉田神社に組み入れられた社で、それまでは竹中稲荷神社といわれていました。天長年間(824-834)には記述が見え、天保年間(1830-1844)、境内の賑わう様子が記されています。現在のところに天保11年(1840)に造営されています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
05
(Sat)05:04

吉田神社末社菓祖神社

吉田神社末社菓祖神社
 京都府京都市左京区吉田神楽岡町に吉田神社があります。
 吉田神社の末社である菓祖(かそ)神社は昭和32年(1957)に創建され、田道間守命と林浄因命を祀っています。垂仁天皇に不老不死の霊菓、非時香菓(ときじのかぐのみ)を探すように命ぜられた田道間守は中国にわたり、当時の菓子にあたる果物の橘(みかん)を持ち帰った人物です。林浄因は日本で初めて饅頭をつくった人物だといわれています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
04
(Fri)04:33

吉田神社末社山蔭神社

吉田神社末社山蔭神社
 京都府京都市左京区吉田神楽岡町に吉田神社があります。
 吉田神社の末社・山蔭神社は、吉田神社創建した藤原山蔭を祀っています。日本で初めてあらゆる食物の調理や調味の始祖とされていることから、包丁の神・料理飲食の祖神とされています。昭和32年(1957)の吉田神社御鎮座1100年大祭を機に、全国料理関係者が創建に協賛し、昭和34年(1959)に鎮祭された社です。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/

2019_01
03
(Thu)04:17

吉田神社末社今宮社

吉田神社末社今宮社
 京都府京都市左京区吉田神楽岡町に吉田神社があります。
 吉田神社の末社・今宮社は古くから木瓜大明神と称された吉田町の産土神でした。建保3年(1215)には吉田小社駐進状の中に記述があり、文化13年(1816)に現地に造営されました。蒼龍(そうりゅう)、白虎(びゃっこ)、朱雀(すざく)、玄武(げんぶ)という四つの方角を守る聖獣の石が「今宮社四神石」として置かれています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
2019_01
02
(Wed)04:36

吉田神社摂社若宮社

吉田神社摂社若宮社
 京都府京都市左京区吉田神楽岡町に吉田神社があります。
 吉田神社の摂社である若宮社は天忍雲根命(あめのおしくもねのみこと)を祀っています。天之子八根命と比売神の御子で、水徳の神といわれています。当初は本宮の第二殿と第三殿の間にあった無社殿で祀られていましたが、慶安元年(1648)に現地に造営され、明治10年(1877)に吉田神社の摂社に定められました。若宮社は平成24年(2012)京都府の有形文化財に指定されています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/