fc2ブログ

金閣寺(鹿苑寺)

金閣寺(鹿苑寺)
京都市北区金閣寺町に金閣寺(鹿苑寺)があります。
 金閣寺は鹿苑寺(ろくおんじ)という臨済宗相国寺派の禅寺です。銀閣寺とともに室町幕府3代将軍足利義満により創建された相国寺の塔頭寺院でもあります。お釈迦様のお骨を祀った舎利殿(金閣)が金箔で造られていたので、金閣寺とよばれています。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現したといわれます。中国貿易を盛んにして文化の発展を遂げた北山文化の中心地でした。
 ここ笠山一帯は背後に北山をひかえ、平安時代から貴族の行楽の地となっていました。鎌倉時代に前太政大臣の藤原公経(西園寺公経)は北山第という山荘を建てていました。元仁元年(1224)に公経は持仏堂を西園寺として、西園寺と姓も改めました。
 鎌倉幕府滅亡時に後裔の西園寺公宗が後醍醐天皇謀殺を計り、処刑され衰亡します。室町3代将軍足利義満はここを気に入り、将軍職を義持に譲って太政大臣になると、応永4年(1397)、この地を譲り受け、新たに北山殿の造営を始めました。
 殿内には義満の北御所、夫人日野康子の南御所、後円融院母崇賢(すうけん)院御所、金閣舎利殿、看雲亭(かんうんてい)など多くの殿舎が造営されました。応永15年(1408)後小松天皇を迎えて盛宴をはりましたが、2ケ月後に急逝しました。
 応永26年(1419)に北山院(日野康子)が死亡すると、舎利殿以外の建物の多くは南禅寺や建仁寺などに移されました。翌年、舎利殿は義満の遺言により禅寺とされ、義満の法号「鹿苑院殿」から鹿苑寺と名付けられ、夢窓国師が開山しました。
 応仁の乱では西軍の陣がおかれたため舎利殿ほか一部を残して、建物の多くが焼失しました。桃山時代に相国寺の西笑承兌(さいしょうじょうたい)が入寺して復興に努め、その弟子の鳳林承章(ほうりんじょうしょう)は後水尾天皇の帰依を得て寺観を整えました。
 その後、文雅慶彦(ぶんがけいげん)により現在有る金閣の姿になったようです。江戸時代に主要な建物が再建され、舎利殿も慶安2年(1649)に大修理されました。舎利殿(金閣)は明治30年(1897)に(旧)国宝に指定されていましたが、昭和25年(1950)放火により焼失してしまいました。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jf0rak

Author:jf0rak
全国の旅と歴史のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR