fc2ブログ

愛宕念仏寺

愛宕念仏寺
 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町に愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)があります。
 愛宕念仏寺は東山の六波羅付近にあった天台宗のお寺で、大正11年(1922)に奥嵯峨のこの地に移築されました。愛宕寺(おたぎでら)として称徳天皇(764-770)の開基で開かれたようです。平安初期に鴨川の洪水で堂宇が流失、天台の僧・千観内供(せんかんないく)が再興し、等覚山愛宕院と号し、比叡山の末寺となったようです。
 千観内供は伝燈大法師と呼ばれ、念仏を唱えて布教したところから愛宕念仏寺と改められています。七堂伽藍となり、勅願寺としての体裁を整えましたが、興廃を繰り返し、最後は本堂、地蔵堂、仁王門だけになりました。大正11年(1922)に現在地での復興を目指しました。
 昭和30年(1955)、天台宗本山から西村公朝が入寺し、仏師として全国を飛び回る傍ら、本堂、地蔵堂、仁王門などを整備し荒廃していた寺を復興させていきました。1200体の石造の羅漢は「昭和の羅漢彫り」と呼ばれる一般参拝者が自ら彫って奉納した石像です。鎌倉時代後期再建の本堂は国の重要文化財に指定されています。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jf0rak

Author:jf0rak
全国の旅と歴史のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR