fc2ブログ

龍安寺

龍安寺
 京都府京都市右京区竜安寺御陵下町に龍安寺があります。
 衣笠山の西に位置する大雲山龍安寺は枯山水の庭といわれる石庭で有名です。臨済宗妙心寺派のお寺で、妙心寺の塔頭と同じ扱いを受けています。古都京都の文化財として世界遺産に登録され、鏡容池を含めた庭園は国の名勝で、方丈庭園は国の史跡及び特別名勝、方丈は国の重要文化財に指定されています。
 この地は円融天皇の御願寺の円融寺があり、天皇は晩年の8年をここで過ごされたといわれています。平安時代末期に藤原実能(さねよし)がここに山荘を造り、敷地内に寺を建てて徳大寺と称したそうです。そして以後、徳大寺を姓としたそうです。
 宝徳2年(1450)、室町幕府の管領であった細川勝元は、この徳大寺家の別荘を譲り受け寺地とし、妙心寺の義天玄承(ぎてんげんしょう)を招いて龍安寺を創建しました。義天は師の日峰宗舜(にっぽうそうしゅん)を開山とし、自らは2世となりました。
 応仁の乱で焼失しましたが、勝元邸の書院を移して方丈とし再建に努めました。長享2年(1488)勝元の子政元が再建を果たしました。江戸時代には寺領720石、塔頭21に及びましたが、寛政年間(1789-1801)に焼失してしまい、今は3院のみということです。
 明治初期の廃仏毀釈によって衰退しました。方丈にあった狩野派に手による貴重な襖絵などは散逸し、米国メトロポリタン美術館や、シアトル美術館などに渡っています。現在、オークションなどで龍安寺が買い戻す努力がなされているそうです。昭和50年(1975)、日本を公式訪問したイギリスのエリザベス2世が龍安寺の拝観を希望し、石庭を絶賛したことから世界的にも知られるようになったそうです。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jf0rak

Author:jf0rak
全国の旅と歴史のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR